歩行者が信号を使わないで渡る危険な道路!!車側は注意です( ゚Д゚)

インフラ

 私は休日車を運転しますが、人が横切り跳ねそうになり非常に危ないと思った道路があります。

 その道路はイーアスつくば南側の19号なのですが、歩行者が信号を使わず車の来ないタイミングを見計らい、イーアス側からトヨタやケンタッキー側へダッシュし横切ります。

 夜や雨の日などは本当に歩行者が見えず、特に黒い服を着ている人(最近は黒っぽいコートを着ている人が増えていますね。)は見えにくく、細心の注意が必要です。私は何度も危険を感じました。

 その原因を近隣のお店の人に聞きました。

 原因の多くは、イーアスつくばの無料駐車場を使い、研究学園駅を利用する人が多い事が原因でした。なるほど。前の投稿にもあげましたが、研究学園駅前のパーキングは非常に高騰化しており、そのためパーキングを使わずイーアスつくばの無料駐車場に車を置き、そこから歩いて駅からつくばエクスプレスにのり、仕事、観光に向かう人がいるんだなと納得です。

 実際に通りを見てみると、研究学園駅前交差点から研究学園の交差点まで交差点間で非常に距離がある。ですので信号まで行かず19号車道を横切りケンタッキー脇から研究学園駅まで行けば、歩く距離が最短で行けるということでした。

 これは交通ルール上絶対危険だと思います。

危険な道路

 ルールを守らない人が減れば良いのですが、それを阻止するためにもガードレール設置、歩道橋などの交通対策が必要かもしれません。市役所の職員駐車場も土日開放しているそうですが、600円と高くガラガラのような気もします。そちらも利用しやすい価格にすればよいと私個人的には思います。

 この通りは、平日も小学生の登下校が多いのですが、登下校の生徒さんの登校班の横を朝夕急いでいたり、イラついている車がビュンビュン飛ばしている現状です。事故が起こってからでは遅いですので、いち早くインフラ整備に力を入れてほしいと思う今日この頃です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました