つくば市の小中学校も5月31日まで休校延長が決定。

コロナウイルス

 新型コロナウイルスの影響で子供たちにも感染リスクが迫っていまして、対策として家にいてくださいという方針できましたが、今回つくば、土浦両市は27日までに、小中学校の休校期間を5月31日まで延長することを決めました。

 これは、県が24日、県立高校の休校期間を5月31日まで延長することを決めまして、小中学校についても同様の対応をとるよう各市町村に要請したことを受けて決定したそうです。

4月初め時点では小中学校の休校期間は5月6日まででした。

記事からですが、

つくば市教委は「この期間の子供たちへの生活支援については、メールや電話、ポスティング等を行い、家庭とやりとりできるようにし、子供たちへの支援に向け可能な限りの対応に努める」としている。

休校期間中、保護者が仕事を休めない子供については、引き続き放課後児童クラブなどで受け入れる。

 としております。これは子供を預ける親の身としては延長してもらったほうが安心ですね。

 おそらく夏休みは減りますが、安全第一になります。

市立図書館や博物館、地区公民館なども学校に合わせ、休館期間を6月1日まで延長のようです。

 ずるずる緊急事態宣言が伸びるよりも、休む時はきっちり休んで、新型コロナウイルスの感染リスクを減らし、早く安心して暮らせる世の中に戻ってきてほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました